井筒志保/アロマ・インストラクター[ヘルスケア・家庭]
私がアロマに出会ったのは10年ぐらい前の事でした。
その時は、手術室に勤務していました。
小児の手術の際は、バニラエッセンス等でマスクに香りをつけて、緊張をほぐしていましたが、大人にはそういった事をしていなかった為、芳香による緊張緩和が大人にも出来ないかと思い、アロマに興味を持ちアドバイザーの資格を取得しました。
その後すぐに出産、子育ての為、家庭に入ってしまい現場へのアロマ導入を見届ける事が出来ませんでした。
家庭に入った私は、子育てをする中で、次は家族にアロマを使いたいと思う事が増え、アロマを使ってみるのですが、不安な事が多く知識不足を感じていました。
そこで、子供が少し大きくなった事を気にインストラクターの資格をとる為、メディカアロマで勉強をする事にしました。
すると、知らない事がたくさんあり、改めて、アロマの力の凄さやアロマの可能性の大きさを感じました。
また、アロマの作用や禁忌事項等が変更している内容があったり、新しいオイルが出ていたりしていたので、常に新しい情報をいれておかなければならないと感じました。
毎回、たくさんの経験をされ、たくさんの知識を持っておられる中田先生の授業はとても楽しく時間があっという間に過ぎました。
思い切ってメディカアロマに電話をして、受講する事ができて、本当に嬉しく思っています。
これからも仕事復帰に向けてアロマを取り入れた看護が提供できるように、家庭等での実践を通して知識を深めていきたいと思います。


藤原浩子/アロマ・インストラクター[コミュニティ・家庭]
学生の時に興味を持ち、他協会のアロマアドバイザー資格を取っていたのですがそれだけでは上手く使いこなせず、勉強し直したい!どうせならきちんと教えてくれるところに行きたい!と思ったのがメディカアロマさんの扉を叩くきっかけでした。 中田先生はなぜそうなるのか…というところまでしっかり教えてくださるので、自分が精油を使う時に何を選べば良いのか…に不安を持たなくなりましたし、ちょっとの不調は『精油でどう変化する??』とワクワクするまでに… 一緒にワクワク出来るアロマ仲間さんを増やせたら…とたまにではありますがワークショップもする様になりました。 香りを楽しむ…だけでなく、科学的なデータもプラスして身体にも心にも楽しめるアロマをこれからも分かち合えていけたら…と思っています。


松田清孝/アロマ・アドバイザー・心理カウンセラー[ブラッシュアップ・職場]
アロマとの出会いは、中田先生のアロマ講座に参加させて頂いた3年前の夏になります。心理とキャリア相談の事務所を開設して、カウンセリングに加えて効果のある方法を探していた時に出会いました。面談や電話相談の際に環境づくりとして利用でき、またクライアントが帰宅してからも心理面、生理面で不調を感じた時に、アロマでその不調を緩和できれば次の面談の機会を待たずに自己コントロールができるという効果が期待できるのではないかと考えて、アドバイザーの資格を学習させていただきました。 今ではカウンセリングでの活用から、メンタルやキャリアで悩むクライアントを生み出さないための予防教育の場面や、コミュニケーションを円滑にするツールとして活用の範囲が広がってきました。これからもアロマを継続して学習、経験行きたいと考えています。


高井ゆかり/アロマ・アドバイザー
[自分探し・ヘルスケア・家庭]
★salon Hana (サロン ハナ) HP : https://hana-nara.jp
★Blog : https://ameblo.jp/yukarisan15/
私がアロマテラピーを始めたのはほんの偶然でした。  27年間やってきた仕事を辞めての介護生活が終わり、引っ越してきた家で人生初の専業主婦生活が始まったのが4年前です。突然手に入れた自由に半ば放心状態の私が目にしたのは、近くのカルチャーセンターのチラシ でした。  すぐに受けられる1日講座が「アロマテラピー」と「カラーセラピー」の2つで、何かをやりたいと思っていた私はどちらも申し込みました。アロマテラピーという言葉は竹内まりやの歌で聞いたことがあるだけでよく知らないのに「なんかおしゃれそうでかっこいい」と思って受講したのです。 ところが1日講座を受けてみて、アロマテラピーは心にも体にも影響するすごいものだということを知り、もっといろんなことを知りたいという気持ちになりました。こうして、1日講座の修了証といっしょに送られてきた『メディカアロマ』の案内を手に富雄の教室を訪ね、 中田先生と出会うことになるのです。それから4年間、牛の歩みのようにのろい学びの私ですが、中田先生に根気よく教えていただいて、アドバイザーコースを終了し、ベーシックコースを終了し、今はインストラクターコースで勉強しています。  高校時代から化学が苦手で、高校を卒業する時に「もう一生化学式に触れることはないだろう」と思っていたのに、今50歳を過ぎて自ら勉強することになるとは不思議なものです。それだけの努力をしても学びたいと思うほど、アロマテラピーは奥が深くおもしろいです。  私がアロマテラピーに惹かれるのは、芳香成分という目に見えない頼りなげなものが心身に作用し、それによって人が癒されるという点です。昔から人は香りによって穏やかに心身を癒してきたのでしょう。その仕組みを現代の私達が化学的に学ぶことが、とてもおもしろいです。  家では、アロマの精油を使ってキッチンの消臭スプレーやげた箱の消臭剤、保湿効果のある石けん等を作って家族に喜ばれています。  今まで実践した中で一番手応えがあったのは、アロマの精油を使って作ったリップクリームです。私は唇の乾燥が酷くて冬になるといつもひび割れていたのですが、授業で作ったリップクリームを使うと冬中しっとりとした唇が保てました。それからは自分でくり返し作っています。 私が最も真剣に取り組んだのは、受験をひかえた息子のために集中力を高めるアロマを考えた時です。おかげさまで息子はなんとか受験を乗り越えることができ、私のアロマも手助けになったのでは……と思っていますが、息子は「へんな歯磨き粉みたいな匂いがした」というだけで感謝してもらえないのが残念です。  アロマテラピーと同時に始めたカラーの勉強も少しずつ形になり、今はカラーの出張サロンをやっています。最近は「アロマテラピーもやっておられるなら習いたいわ」と言ってくださる方が増えてきたのですが、こちらはもう少し自分がしっかり勉強してからと思っています。  メディカ・アロマの授業は、中田先生は丁寧にしっかり指導してくださいますし、受講生はみんな熱心だし、楽しい雰囲気の中で、インストラクターの試験合格を目指してがんばっています。


池田智美/アロマ・インストラクター[自分探し・ヘルスケア・家庭]
holistic cure MEIV (メーヴ) HP : https://meiv.shopinfo.jp/
昔から特に「香り」が好き!というわけではありませんでした。その私がなぜメディカアロマで学び、インストラクターになったのか? それは、自分と家族の体調不良にありました。 家族全員「偏頭痛」もちで辛いことが多く、 私は他にも貧血、腹痛、生理痛などもあり色んな種類の薬をポーチにつめて外出する毎日の中で出会ったのが「メディカアロマ」でした。教室で ナード・アロマテラピー協会のカリキュラムを学んだ中で精油やハーブを生活に取り入れることで、自身や家族の体質改善ができ、薬を飲まなくてもよくなりました。今では家には「薬箱」はありません。風邪、免疫向上、傷の治癒など、ほとんどの症状をアロマで対処しています。
教室では、わからないところを何度でも聞けたことで理解もきちんとでき、 資格もとれました。
今後は学んだ知識を生かせたら…と思っています。

★順次アップしていきます