4月から始まる「勉強会」の

プレ講座の様子です。

 

 

テーマは「桜の香り」

 

桜の花から抽出された芳香成分のデータから構成成分を知り、

個々の香りを確認し、最後に桜の香りを創ります。

 

まずは、2つの重要成分。

バラの香り成分でも有名なフェニルエチルアルコール。

残念ながら水蒸気蒸留のローズ精油(ローズオットー)には含まれません。

ローズ・アブソリュートを使うことも考えましたが、

今回は単離香料を使うことに。

 

そして桜の特徴的な甘い香りを醸すクマリン。

シナモンカッシアに微量含まれますが、

これも単離香料を使うことにしました。

 

ベンズアルデヒド、アニスアルデヒド、リナロールなどのその他成分は、

その成分を含有する精油を使いました。

必要とする成分が、どの精油に含まれるのか

ジャスミン… スターアニス… ホーウッド…

精油辞典で一生懸命しらべながら選択し、

皆さんそれぞれ 桜の香りを表現されました。

いつもとはちょっと違った 楽しい授業になりました。